一度は訪れたい世界遺産プラハの旧市街

中央ヨーロッパにあるチェコ共和国の首都プラハは、名前は知っていても行ったことのある人はそう多くはないかもしれません。

千年の歴史を誇るこの古都は、ノスタルジックな雰囲気に包まれており、1992年には「プラハ歴史地区」として世界遺産にも登録されています。

街並みにはロマネスク様式、ゴシック様式、ルネサンス様式からロココ、アール・ヌーヴォーといったさまざまな建築様式が混在し、訪れる観光客を中世ヨーロッパの世界にいざないます。

またプラハは文豪や音楽家にも愛された街。

ドヴォルザークやスメタナといった音楽家やカフカ、リルケなどの作家を輩出し、あのモーツァルトやシューベルトもプラハを愛し、訪れたと言われています。

街全体が美しく、ただ歩いているだけでも歴史を感じることができる貴重な街。

あなたも世界遺産プラハの旧市街を歩いて、中世ヨーロッパにタイムスリップしてみませんか?

チェコ共和国の首都、プラハは千年の歴史を持つ美しい古都です。14世紀にカレル4世によって現在の形に整 …

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする