横向き・仰向け・うつ伏せの効果は?

1日8時間寝る人の場合、睡眠は人生の3分の1を費やすことになります。

1日6時間しか寝ない人でも、人生の4分の1は寝ていることになります。

例えば90歳まで生きると、その人は20年から30年は眠っているという事です。

また睡眠時間が短かったり睡眠の質が悪いと、疲れが取れなかったり、免疫力が下がったりすることもあります。

本当に大事な睡眠ですが、実は横向きで眠るとさまざまなメリットがあるというのをご存じだったでしょうか?

うつ伏せや仰向けに寝ると腰や首肩に負担がかかったり、呼吸がしづらくなってしまうことがあります。

しかし横向きで眠るとリラックスできて、腰痛・肩こり・片頭痛・いびき・無呼吸などの症状が改善されるとも言われています。

睡眠の質が改善され、疲れが取れやすくなるのです。

それでおすすめしたいのが、横向き寝枕です。

横向き寝枕は、体に負担をかけずゆっくり休めるように設計されているので、目覚めた時のスッキリ感が違います。

横向き寝枕おすすめについて詳しく見ることで、理想の睡眠を手に入れてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントの入力は終了しました。