フリーターと正社員の待遇の違い

若者を中心として依然増加していると言われるフリーター。

最近では中高年でも正社員ではなくフリーターが増えていると言います。

それでもフリーターというとイメージが悪く、周りから心配されているという人も少なくありません。

そもそもフリーターと正社員の違いは何なのでしょうか?

大きな違いは給与面や福利厚生などの待遇です。

生涯賃金をざっくりと計算したある試算データでは、正社員はフリーターよりも8千万円ほど高くなるそうです。

もちろん個人差がありますが、やはり正社員の待遇の良さに魅力を感じて、フリーターから正社員へ就職したいと願っている方は少なくないはずです。

フリーター希望の人は「正社員だと束縛時間が長くなって自由が無くなる」と考えるようです。

でも実際のところフリーターと正社員の束縛時間の差はどうなのでしょうか?

やはり会社に束縛される時間はフリーターの方が正社員よりも短い場合が少なくないようです。

しかし有給休暇など別の要素も含めて総合的に考えた場合、実際に自由度が高いのは正社員であるということもできます。

それで拘束時間だけでは自由度を測るのではなく、総合的に判断することが大切です。

フリーターの正社員も一定の時間会社に束縛、ないしは拘束される時間があります。拘束時間とは労働時間に加えて休憩時間も含まれます。簡単に言うと出勤してから退勤するまでの時間全体のことです。正社員の拘束時間に関しては、会社で働き方によって差があるため一概には言えません。とはいえ一般的には朝の8時から夕方の...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントの入力は終了しました。