「ドラクエ30周年はお祭りどころ」

予算の少ない冒険活劇!と題してはじまった某ゲームのまねで有名なドラマがまた始まるようです。

今度は導かれし7人という副題がついているのでゲストが出てくるのは想像ができますが、どんな内容になるのかな~とちょっと期待が膨らんでいます。

どうしようもないバカバカしさが受けるのですが、勇者ヨシヒコと魔王の城編では現代社会が魔王に毒されている社会として描かれていたのです。

ある意味あっていたような気がします。

今年はドラクエ30周年と言うことで様々なコラボが出ています。

自分たちで実際に謎を解いて時間内に脱出するリアル脱出ゲームとのコラボ「竜王迷宮からの脱出」(万が一死んでしまうとお金を出してやり直しができるというリアルぶり)や、舞台としてみることのできたドラゴンクエストライブスペクタクルツアー(しょこたんのアリーナがかっこよかった~!)、ドラクエミュージアムの登場には間近で見られる機会としても人気が高かったようですね。

勇者ヨシヒコはドラクエとはちょっと違う路線ではあるのですが、ドラクエ30周年をお祝いするにはいいドラマかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントの入力は終了しました。