「小話は大事な資料」

教科書の中の大切なことをきちんと学ぶことは大切なことではありますよね。

ただ、はっきりいって型にはまっただけの内容をただ暗記しようとするとただ苦痛になってしまいます。

そんな時私がしていたのは、教科書に先生がしてくれた小話をメモしておくことでした。

よくあるのが「例えば…」という例え話。

この例え話を簡単にメモしておくというのは、あとから一人で見直す際にそういえばどんな感じの授業だったかなと流れで思い出すのに役に立ってくれました。

例え話はちょっとした小話で、本筋の話からしたらあまり必要性のない話かもしれません。

事実、授業中はたいてい誰もが聞き流していたぐらいでしたし。

でも、このちょっとしたヒントのような話は、私に何度もその場面を思い出させてくれました。

記憶はこうしたヒントの積み重ねのようなものなのかもしれません。

受験勉強には役に立たない雑学として扱われる話もいくつも重なると一本のひもで結んだように流れを見いだせるのかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントの入力は終了しました。