「みかんが売れない時代?」

冬のこたつでみかんを食べるといったことは昔のことになりつつあるようです。

私は好きでよく買いますが、みかんが昔に比べると売れなくなったというニュースがここ数年の間毎年のように流れている気がします。

みかん、おいしいですけどね。

こたつ自体をもっていないという場合もあるとか。洋間にこたつはおけないご家庭が増えているのでしょうか?

最近では園児たちの間で羽根つきや福笑い、すごろくなどお正月ならではの遊びや家族での楽しみはなりを潜めています。

時代に合わなくなったと言えばそれまでかもしれません。

なにせDSが子ども一人にほぼ1台あるような時代ですから。

子どもに遊んでいてもらえば、大人はゆっくりした正月が楽しめるという大人の都合も見え隠れしそうな気もします。

それでも一緒に遊ぶこと、一緒に楽しむこと、数えきれないほどのどうでもいい話を繰り返すことで日々のガスを抜くことが大切なのかもしれません

。そういう時にちょっと手元にみかんがあれば幸せな気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントの入力は終了しました。