「ペットという存在」

ペットを飼うというと、どんなことを思い浮かべますか?

話し相手ですか?寂しさを紛らわすための相手?特殊なタイプのペットを手に入れることで権力の誇示をする?

理由は何でもかまわないわけですが、自分の隣に人間以外の存在がいてくれるというのはいいものです。

ペットとして飼っていたつもりが、人間以上に家族になったという相棒たちもたくさんいるわけです。

よく家族同然なんだという話が出ると「たかがペットだろ」と感想を言う方がいますよね。

所詮動物だろう?というその感想に違和感を覚えたことはないでしょうか?

私たちは文字を操りすばらしい建築物を建ててはいますが、動物の一種ではあるわけです。

その動物の一つとして他の種族と一緒にいられるというのはすごいことではないのかなと思うのですが、いかがでしょうか?

もしペットに何かしら話しかけているとしたら、それはもうただのペットではなくて相棒に昇格しているということになると思いますよ。

最後の最後まで責任を持って家族として見守ってあげたいですよね。

ペット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする