「ふるさとを題材にしたCMたちへ」

注目してもらってなんぼというのがCMの大事なところだと思うけれど、やり過ぎだなと思うCMってありますよね。

インターネット上では今でも昔のCMが見られるのですが、今見てみるとよく当時はこれでOKしたなと思うものもたくさんあります。

そんな中少し前にニュースにまでなってしまったのが、少女をウナギにみたてた鹿児島県志布志市の宣伝でした。

鹿児島は友人の話では「いまだに男性優位が社会的に強く根付いている地域なので、「萌え」るようなCMならいいんじゃないかと思って暴走気味なCMを作ってしまったのかもしれないね」とのことでした。

しかもタイミングの悪いことにそのニュースがかけめぐった前後で少女を2年間監禁した男の裁判の話が出てきているわけです。

少女を飼うという発想にあまりにも配慮がないことに、私の友人の故郷のCMへの怒りは当然だったかもしれません。

CMを作る方へ、特にふるさと関係のCMを作るなら故郷のことを恥ずかしいと思わせるような内容はやめてくださいね。

傷ついてしまいますから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントの入力は終了しました。